MENU

【2024年最新】ピル処方おすすめ5選を人気10クリニックから比較して解説!

当ページのリンクには広告が含まれています。
オンラインピル処方クリニックおすすめ

※当ページのリンクには広告が含まれています。

※CLINIC FORの情報提供元:CLINIC FOR

2024年最新でおすすめのピル処方サービスを10選ご紹介します。

オンラインでのピル処方ができる10クリニックの中から比較して5クリニックを厳選しています。

これからどこでピルを処方してもらおうか迷っている方の手助けになれば幸いです。

▼すぐにおすすめ3選を見るにはこちら▼
ピル処方サービスおすすめ厳選3選へ

目次

ピルとは?

ピルとは、避妊目的で使用される「低用量ピル」、月経困難症や子宮内膜症など治療の目的で使用される「超低用量ピル」、月経移動の目的で使用される「中用量ピル」、緊急避妊薬として使用される「アフターピル」とあります。

それぞれ詳しくお伝えしていきます。

低用量ピル

低用量ピルは一般的な経口避妊薬のことで、お薬に含まれる卵胞ホルモン(エストロゲン)量が0.05mgより少ない錠剤薬のことです

黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)という2つの女性ホルモンが配合された錠剤薬が低用量ピル。

さらに低用量ピルは、配合される女性ホルモンの比率によって、「1相性(そうせい)、2相性(そうせい)、3相性(そうせい)」の3種に分類されます。

  • 1相性(そうせい)…低用量ピル1シートに、薬に配合される女性ホルモンの量がすべて一定のタイプ
  • 2相性(そうせい)…低用量ピル1シートのうち、黄体ホルモンの配合量が後半増えるなどして2段階に変化するタイプ
  • 3相性(そうせい)…低用量ピル1シートのうち、黄体ホルモンの配合量が3段階に変化していくタイプ

現在日本で処方される低用量ピルの種類例

  • トリキュラー28、トリキュラー21
  • マーベロン28、マーベロン21
  • アンジュ28、アンジュ21
  • オーソM
  • シンフェーズ
  • ラベルフィーユ28、ラベルフィーユ21
  • ファボワール28、ファボワール21

どのピルを服用するかは、症状や体調に合わせて医療機関で相談するなどして選びます。

低用量ピルの避妊効果は99%以上で、コンドームや緊急避妊薬よりも避妊効果が高いと知られています。

低用量ピルを服用できるのは、生理がはじまった思春期の頃から、40代の健康な非喫煙者までが対象となっています。

参照元:https://www.sofy.jp/ja/advice/during-period/06.html

超低用量ピル

超低用量ピルは、お薬に含まれる卵胞ホルモン(エストロゲン)量が0.03mgより少ない錠剤薬です。

超低用量ピルは低用量ピルよりもエストロゲンの含有量が低い錠剤薬で、Low dose Estrogen Progestinを略して「LEP」と呼ばれます。

主にLEPは月経困難症や子宮内膜症の治療目的で使用され、その場合には保険が適用されます。

現在日本で処方される超低用量ピルの種類例

  • ルナベル配合錠ULD(第一世代、一相性ピル、黄体ホルモン:ノルエチステロン)
  • フリウェル配合錠ULD「あすか」21錠(第一世代、一相性ピル、黄体ホルモン:ノルエチステロン)
  • ヤーズ配合錠(第四世代、一相性ピル、黄体ホルモン:ドロスピレノン)
  • ヤーズフレックス配合錠(第四世代、一相性ピル、黄体ホルモン:ドロスピレノン)

中用量ピル

中用量ピルは、低用量ピルよりもエストロゲンといわれる卵胞ホルモンの含有量が多い錠剤薬です。

生理日の移動や生理不順の治療、また生理の出血量が多い「過多月経」、月経困難症などの改善に効果が期待される治療薬として中用量ピルが使用されます。

現在日本で処方される中用量ピルの種類例

・プラノバール

プラノバールは、月経周期をコントロールする黄体ホルモンのノルゲストレルと卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールという2つの女性ホルモンからできています。

アフターピル

アフターピルは黄体ホルモンを主成分とする、性交渉後に服用する緊急避妊薬です。

妊娠の可能性がある性交渉後、72時間以内に服用することで約84%の避妊効果を得ることができるのです。

現在日本で処方されるアフターピルの種類例

  • ノルレボ
  • エルワン

アフターピル服用後は、排卵を5~7日抑制し遅延させ、寿命が3〜7日の精子が受精能力を失うことで妊娠を回避します。

ピル処方おすすめ厳選3選!

オンラインピル処方サービスでおすすめできる厳選した3社を選び、比較して一覧にしています。

スクロールできます
1.メデリピル 2.スマルナ3.クリニックフォア
総合評価
口コミ評価
 料金(税込み)診察料:0円
送料:550円
低用量ピル:2970円
超低用量ピル:4180円~
中用量ピル:5940円
アフターピル:9900円~
診察料:1500円
配送料はお薬代に含まれています
低用量ピル:2980円~
超低用量ピル:4180円~
中用量ピル:6200円
アフターピル:9480円~
診察料:1650円
送料:550円
低用量ピル:2783円~
超低用量ピル:6077円~
中用量ピル:5478円
アフターピル:9680円~
 ピルの種類低用量ピル:6種類
超低用量ピル:5種類
中用量ピル:1種類
アフターピル:2種類
低用量ピル:5種類
超低用量ピル:5種類
中用量ピル:1種類
アフターピル:2種類
低用量ピル:5種類
超低用量ピル:3種類
中用量ピル:1種類
アフターピル:3種類
診察時間7時~24時担当医師による7時~24時
公式サイトhttps://mederi.jp/https://smaluna.com/https://www.clinicfor.life/

評価の基準について
総合評価:口コミ評価とその他の項目による総合評価
口コミ評価:主にXなどのSNSによるポストの数とそれに対する良い口コミの数(直近3ヶ月を目安・Xでの口コミなしは★2)

メデリピルが、総合的な評価も口コミでの評判も申し分なく人気の高いサービスとなっています。

特に低用量ピルを希望している方には、メデリピルならずっと診察料もかからず、初回はピルを0円でお届けするサービスがあるので、継続的に服用したいと考えている方には利用しやすい条件がそろっていますよね。

ピル処方クリニックを選ぶ際の3つのポイント

ここではピル処方をしてくれるクリニックの選び方をご紹介いたします。

  1. 取り扱いピルの種類
  2. アクセス・通いやすさ
  3. 口コミ・評判

以上の3点についてお伝えしていきます。

1.取り扱いピルの種類

ピル処方のクリニックを探す場合、取り扱いピルの種類が重要となってきます。

ピルは大きく分けて「低用量ピル」「中用量(生理日移動)ピル」「アフターピル」の3種類があります。

目的に合ったピルが必要になるため、当然クリニックで取り扱いがあるかどうかが必要になってきます。

取り扱っているピルの種類が少ないと、せっかく病院に行っても薬を処方できないということも出てきます。

また、ピルの種類が多いクリニックだと、合わない場合も変更してご自身に合ったピルを見つけることができます。

取り扱っているピルの種類が多いクリニックの方が安心ですね。

2.アクセス・通いやすさ

ピル処方クリニックを探すには、クリニックのアクセスや通いやすさ、またはオンライン診察をしているかどうかも重要です。

自宅または職場近くのクリニックが通いやすくおすすめとなっています。

通いやすさの面では、予約や待ち時間も重要になってきます。

婦人科は常に混んでいることが多く、待ち時間が長いことで知られていますよね。

オンライン診察があると予約時間に電話やビデオ通話がかかってくるため、自宅や職場などでも診察が受けやすいです。

長い待ち時間を気にすることもなく、さらには通院にかかる費用も抑えられます。

3.口コミ・評判

ピル処方クリニックを選ぶ際には、病院の口コミや評判も気になりますよね。

実際にクリニックを利用している方の声もとても参考になると思います。

自分と同じような症状やニーズを持った人がどのような評価をしているかを確認することで、自分に合った病院を見つけることができます。

待ち時間が長くはないか、先生の人柄は自分と合うかなど、利用している人からしか得られない情報もあるので口コミや評判もとても重要です。

ピル処方クリニック10社を徹底比較!

スクロールできます
1.メデリピル2.スマルナ3.マイピルオンライン4.クリニックフォア5.エニピル6.ルナルナ7.おうちでクリニック8.イースト駅前クリニック9.オーロラクリニック10.Oops WOMB
総合評価
口コミ評価
料金(税込み)診察料:0円
送料:550円
低用量ピル:2970円
超低用量ピル:4180円~
中用量ピル:5940円
アフターピル:9900円~
診察料:1500円
配送料はお薬代に含まれています
低用量ピル:2980円~
超低用量ピル:4180円~
中用量ピル:6200円
アフターピル:9480円~
診察料:1650円
送料:550円
低用量ピル:2959円
アフターピル:10978円~
診察料:1650円
送料:550円
低用量ピル:2783円~
超低用量ピル:6077円~
中用量ピル:5478円
アフターピル:9680円~
診察料:1650円
送料:550円
低用量ピル:2563円~
超低用量ピル:4180円~
中用量ピル:4378円
アフターピル:10978円
診察料:1500円
送料:0円
低用量ピル:2937円
診察料:今だけ無料
送料:550円
低用量ピル:2783円
超低用量ピル:5610円~
アフターピル:9680円~
診察料:円
送料:500円
※代引きは1000円
低用量ピル:2700円~
中用量ピル:5000円
アフターピル:12000円~
診察料:0円(初月)
送料:550円
低用量ピル:3470円
超低用量ピル:6500円~
中用量ピル:5280円
診察料:0円
送料:500円
低用量ピル:2750円
超低用量ピル:4950円
中用量ピル:3850円
ピルの種類低用量ピル:6種類
超低用量ピル:5種類
中用量ピル:1種類
アフターピル:2種類
低用量ピル:5種類
超低用量ピル:5種類
中用量ピル:1種類
アフターピル:2種類
低用量ピル:4種類
アフターピル:3種類
低用量ピル:5種類
超低用量ピル:3種類
中用量ピル:1種類
アフターピル:3種類
低用量ピル:8種類
超低用量ピル:5種類
中用量ピル:1種類
アフターピル:2種類
低用量ピル:5種類低用量ピル:6種類
超低用量ピル:3種類
低用量ピル:4種類
中用量ピル:1種類
アフターピル:2種類
低用量ピル:7種類
超低用量ピル:5種類
中用量ピル:1種類
低用量ピル:6種類
超低用量ピル:2種類
中用量ピル:1種類
診察時間7時~24時担当医師による8時~20時30分7時~24時24時間10時~19時受付院により異なる10時~21時9時~23時30分
配送日最短当日発送最短当日発送最短当日発送最短当日発送最短当日発送最短当日発送最短当日発送翌日発送
翌日が休診日の場合は休診日明け
最短当日発送最短当日発送
年齢制限45歳まで18歳以上高校生~45歳未満15歳~49歳18歳未満も可未成年不可・48歳まで18歳~40歳未満16歳以上18歳未満は保護者同伴18歳未満は保護者同伴
公式サイトメデリピル公式サイトスマルナ公式サイトマイピルオンライン公式サイトクリニックフォア公式サイトエニピル公式サイトルナルナ公式サイトおうちでクリニック公式サイトイースト駅前クリニック公式サイトオーロラクリニック公式サイトOops WOMB公式サイト

評価の基準について
総合評価:口コミ評価とその他の項目による総合評価
口コミ評価:主にXなどのSNSによるポストの数とそれに対する良い口コミの数(直近3ヶ月を目安・Xでの口コミなしは★2)

【2024年最新】ピル処方おすすめ5選!

2024年最新のピル処方おすすめ5選をご紹介いたします。

  1. メデリピル
  2. スマルナ
  3. クリニックフォア
  4. マイピルオンライン
  5. エニピル

それぞれ口コミつきでご紹介していきますね。

1.メデリピル

メデリピルがおすすめ

CMでお馴染みのメデリピル「10~30代が選ぶ安心して利用できるオンラインピル処方サービスNo.1」に選ばれています。

LINEで簡単に登録や予約ができるのも特徴です。

メデリピルは取り扱いピルの種類が国内最多の14種類

取り扱いのピルの種類が多いと合わなかった場合にも安心ですね。

配送も商品名を「雑貨」として、また依頼主名を「同上(本人)」とし、プライバシーにも配慮されています。

口コミ

メデリピルの口コミをまとめてみました。

おすすめする人おすすめしない人
初回無料をお試ししたい人
自宅で気軽に利用したい人
病院に通院したくない人
豊富な種類から自分にあった薬を選びたい人
長期的に利用したい人
口コミの良さを重視してる人
土日にも利用したい人
自分で医師を選びたい人
保険適用で利用したい人
病院に通院したい人

こちらのメデリピルを利用された方は、土曜日に診察したのが月曜日にはもう届いてたのことです。

口コミを見ても便利さや手軽さが伝わりますよね。

こちらの方はメデリピルの初回利用サービスを利用されたようです。

1ヶ月分のピル代無料と言うのはやっぱり金額の負担が軽減されるので嬉しいですよね。

病院によってはメデリピルより安いところもあるかもしれませんが、この方はそれでもメデリピルの利用で通院が楽になったと言う口コミです。

病院が遠かったり近くの病院の待ち時間が長かったり、通院が苦手な人にとってオンライン診療は本当に便利ですよね。

メデリピルでは処方されたピルも記録されているため、LINEとも連携しています。

そのため、飲んだか飲んでないかの記録もつけれて便利と口コミに書かれていました。

ピルの記録をつけていれば飲み忘れも減りそうで便利ですよね。

こちらの方の口コミでは、頼んだはずの吐き気止めが入っていなかったとのこと。

問診のスタッフと医師との連携がされてなかったようですね。

メデリピルの口コミをもっと読むにはこちら

料金

メデリピルの料金は下記の表をご確認ください。

診察料0円
配送料550円
ファボワール(低用量ピル)2970円
ラベルフィーユ(低用量ピル)2970円
トリキュラー(低用量ピル)2970円
シンフェーズ(低用量ピル)2970円
アンジュ(低用量ピル)2970円
マーベロン(低用量ピル)2970円
ドロエチ配合錠(超低用量ピル)4580円
ヤーズ(超低用量ピル)8880円
ヤーズフレックス(超低用量ピル)9980円
フリウェルULD(超低用量ピル)4180円
ルナベルULD(超低用量ピル)6980円
プラノバール(中用量ピル)5940円
レボノルゲストレル(アフターピル)9900円
ノルレボ(アフターピル)11000円

低用量ピルは初月ピル代0円のため、とてもお得に始められます。

初月0円は3回目までの受け取りは必要になりますが、2ヶ月分の料金で3ヶ月分のピルをもらえるのは嬉しいですよね。

さらに低用量ピルの診察代はずっと無料と言うこともあり、ピル経験者の方はもちろんのこと初心者の方でも無理なくピルを始められそうです。

また、メデリピルで1年間低用量ピルを続けるとプラチナ会員になり、毎月のピル代が10%OFFになります。

おまとめプランとの併用で2,673円になるので、長く続けるメリットもありますね。

LINEで簡単予約!サポートも/

2.スマルナ

スマルナ「産婦人科医がおすすめするオンラインピル処方№1」といわれる人気サービスです。

スマルナは医療機関ではなく、ココロとカラダの健康を作るために、オンライン診察を展開しています。

医療機関とユーザーを繋ぐプラットホーム「スマルナ」として、女性たちをサポート。

スマルナのオンライン診察・処方は、国内で開業または病院に属している医療従事者が行なっています。

口コミ

スマルナの口コミをまとめてみました。

おすすめする人おすすめしない人
時間がない人
生理前や生理が重くつらい人
アフターピルを必要とする人
地方在住でアフターピルを欲する人

豊富な種類から薬を選びたい人
評判の良さを重視してる人
直接病院で診察と処方されたい人
保険診療で済ませたい人
スマホの操作やアプリが苦手な人

ピルをクリニックや病院に取りに行く時間がない方が、「スマルナしか勝たん」と口コミしていますね。

スマルナを利用すると、ピル処方までがとてもスムーズのようです。

生理痛が重くて辛い方に、スマルナで処方されたピルが合っていたようですね。

アプリでピルを頼めるので便利で、さらに生理時の痛みが割と軽くなったと口コミしています。

スマルナで、アフターピルを購入したという方もいました!

まだまだ市販では手に入りにくいから、スマルナが便利だという良い口コミしていますね。

アフターピルは、地方ではスマルナだという口コミも見つかりました。

地方では、最寄りのピル販売所まで近くても5kmはなれていたり、数十キロ遠いという場合もざらにあります。

スマルナを地方でも便利に利用できた方がいるようですね。

スマルナを利用した際、とても対応が遅かったという方もいますね。

スマルナから半日以上返信がない時には、カスタマーサポートへの連絡を呼び掛けています。

担当者の急な都合などで対応不可の事例もあるようですが、10:00〜20:00の間に、連絡してみましょう。

スマルナの口コミをもっと読むにはこちら

料金

スマルナの料金は下記をご確認ください。

詳しい薬品名などは「アプリ内で医療従事者に直接確認してください」との記載があり、スマルナで処方してもらえるピルの薬品名まではわかりませんでした。

診察料1500円
配送料お薬代に含まれる
低用量ピル2380円~2980円
超低用量ピル3163円~8963円
中用量ピル2900円~6200円
アフターピル9480円~11700円

スマルナでアフターピルを処方する場合は、お薬代の他に別途診察料が税込1,500円かかりますが、配送料はお薬代に含まれているので、安価に感じられますね。

低用量ピルを希望している場合は、「スマルナの一括決済プラン」がリーズナブルです。

スマルナの低用量ピルの「12シート一括決済プラン」は、期間限定でさらに5,000円OFFとなっていて、1シートあたりの値段が税込1,963円となります。

期間限定の5,000円OFFを利用すると、スマルナの低用量ピルが大変お得ですよね!

3.クリニックフォア

クリニックフォアは、いつでもどこでもスマホひとつでピルの診療処方が可能なオンラインサービスです。

取り扱いのあるピルも種類が豊富にあり、なおかつ明朗会計で、2020年4月から2023年6月までの利用実績は200万件を超えています。

担当の医師と相談しながら、クリニックフォアで自分に合ったピルを見つけましょう。

口コミ

クリニックフォアの口コミをまとめてみました。

おすすめする人おすすめしない人
産婦人科に行きづらい人
仕事が忙しい人
通院する婦人科系病院が遠い人
通院中の病院の予約が取れない人
イソトレチノインを服用したい人
通院中の婦人科系医院で満足している人
スマホやPCでの決済は不安な人
治療目的で保険を適用して薬を処方したい人

まずは、クリニックフォアのオンライン診療が、めちゃくちゃ楽だったという良い評判が見つかりました。

産婦人科に行きづらいという方も、お手軽で楽ならピルを続けていくのが前向きになりますね。

クリニックフォアは、決済完了から数日でピルが届くという口コミも見つかりました。

ピルを継続している方は、切らさず手元にピルがあれば、焦ることなくピルを服用できますよね。

クリニックフォアで、きちんと医師と相談したりできることがわかる口コミもありました。

BMIがピル処方的にはアウトだった方でも、年齢などを考慮してピルを処方されたと言っていますね。

クリニックフォアには、「イソトレチノイン」というニキビ治療などに使われる薬があるという口コミが見つかりました。

希望する薬が入手困難なものでも、クリニックフォアでなら見つかるかもしれませんね。

クリニックフォアには良い評判が多いですが、あまり良くない評判も口コミされていました。

定期コースを解約しようとアクセスした先で、クリニックフォアの「特別優待価格の申込」に誘導されていますね。

今回の口コミの方は、クリニックフォアにはもう帰ってこないと言っています・・・。

クリニックフォアの口コミをもっと読むにはこちら

料金

クリニックフォアの料金は下記の表をご確認ください。

診察料1650円
配送料550円
ファボワール(低用量ピル)2783円
ラベルフィーユ(低用量ピル)2783円
トリキュラー(低用量ピル)2783円
アンジュ(低用量ピル)2783円
マーベロン(低用量ピル)2783円
ヤーズフレックス(超低用量ピル)10285円
フリウェルULD(超低用量ピル)6077円
ルナベルULD(超低用量ピル)9350円
プラノバール(中用量ピル)5478円
エラ(アフターピル)9680円
ノルレボ(アフターピル)9680円
ノルレボ海外正規品(アフターピル)8778円

クリニックフォアでは、どの種類のピルも大体相場の値段なので、良心的なオンラインピルサービスといえます。

例えばクリニックフォアの低用量ピルの値段は一律2,783円となっており、スムーズに利用しやすい印象があります。

クリニックフォアには、初めての方の応援プランとして、低用量ピルを定期利用する際にWEB決済クーポンを使うと、初診料と初月のピル代金が合わせて税込1,948円になるお得なプランが実施されていました。

応援プランには、適用条件や配送料は別途となるルールがあるので、クリニックフォアの公式サイトを改めてご確認の上、ご検討してみてください。

4.マイピルオンライン

マイピルオンラインは、忙しい方や面倒な方におすすめできるオンライン診療&ピル処方です。

株式会社オンラインメディカルケアが運営する、オンライン専門のピルクリニックとなっています。

産婦人科の医師による電話診療となり、目的に応じたピルを処方し、ご自宅に配送されるサービスです。

口コミ

マイピルオンラインの口コミをまとめてみました。

おすすめする人おすすめしない人
簡単なオンライン診療を利用したい人
短い診察時間を希望している人
実はコミュニケーションが苦手な人
電話でのオンライン診療が理想という人
端的な診療で充分という人
入念な診察の後にピル処方されたい人
電話が苦手だという人
初診料や配送料を絶対にかけたくない人

こちらの口コミの方は、マイピルオンラインで1シート無料のサービスがあったと喜んでいます。

婦人科にこれまでピルを定期的に貰いに行っていたのか、マイピルに利便性を感じ、嬉しそうですよね。

マイピルは、オンライン診療で簡単だという良い評判も見つかりました。

マイピルオンラインには、使い勝手も複雑ではなくて良さそうだという口コミが多く見られています。

マイピルオンラインは、診療時間が大変短いことも口コミされていました。

なんと、1分30秒ほどで終わったということで、コミュ障さんには大変ありがたいと言っていますね。

外に出れない事情のある方も、マイピルオンラインを利用してピルを服用しているという口コミがありました。

オンライン診療の電話が、1分経たずに終わったという一例も知ることができる口コミです。

マイピルオンラインでは、電話診療で一人一人に対応する時間が短い傾向にあるようですね。

マイピルオンラインの電話診療は、予定時刻よりも少し前に対応して下さるという良い評判も見つかりました。

予定時刻よりも前に対応してくださる上に、30秒ほどでオンライン診療が終わり、マイピル側からは特に質問もないということで、あまりにもスムーズですね。

マイピルオンラインの口コミをもっと読むにはこちら

料金

マイピルオンラインの料金は下記の表をご確認ください。

診察料1650円(再診0)
配送料550円
ラベルフィーユ(低用量ピル)2959円
トリキュラー(低用量ピル)2959円
シンフェーズ(低用量ピル)2959円
アンジュ(低用量ピル)2959円
エラ(アフターピル)10978円
レボノルゲストレル(アフターピル)10978円
ノルレボ(アフターピル)12078円

マイピルオンラインでは、低用量ピルが一律で税込2959円となっています。

マイピルでは、必ず産婦人科の医師がオンライン診療に対応するので、安心してピルの処方が受けられます。

アプリの操作も5STEPで簡単に予約から問診、処方までスムーズに行われて、ピルの配送も料金加算やバイク便の利用でより早くお手元に届けるサービスもあります。

5.エニピル

エニピルの口コミ

エニピルは、いつでもどこでもピルを処方しお届けする、ピルのオンライン診療サービスです。

つらい生理とはさよならするために、当たり前にピルを服用することを考える社会にとエニピルは願っています。

24時間いつでも診療し、必要があれば最短で翌日にピルをお届けするサービスを提供しています。

口コミ

エニピルの口コミをまとめてみました。

おすすめする人おすすめしない人
婦人科に行きたい時に行けない人
早くてらくちんなピル処方を利用したい人
年間でピルの服用を考えている人
梱包まで丁寧なピルを配送して欲しい人
低用量ピルを定期便で処方したい人
低用量ピルを単品で購入したい人
格安でピルを服用したい人
時間がかかっても通院してのピル処方が良い人

エニピルは、webや電話でピル処方を頼めるという良い口コミが見つかりました。

婦人科やレディースクリニックは全国的にも待ち時間が長く、しかも予約が取れないというところが多いようですね。

ピルのオンライン処方となれば通院時間も待ち時間も、ピルの処方にも時間がかからないので、大変メリットがありますよね。

エニピルで、ピルを1年分一括で契約したという方の口コミも見つかりました。

エニピルは、話が早くて楽ちんだということで、年間契約を更新していることがわかります。

エニピルには、単品でピルを購入するプランは高いという評判も見つかりました。

しかし、エニピルの丁寧な梱包と配送の早さには満足しているという良い口コミで終わっています。

定期便の利用で、2か月目以降は安くなることも口コミされていますね。

エニピルでアフターピルを購入した方の口コミでは、2日で届いたと言っています。

アフターピルは72時間以内の服用が効果的ですが、効果のある時間内に到着していることがわかります。

昨今の経済事情もあるのか、エニピルでもピルに値上げがあったという口コミがありました。

エニピルで購入したプラノバールが、普通に高かったというあまり良くない評判もあがっていました。

エニピルの口コミをもっと読むにはこちら

料金

エニピルの料金は下記の表をご確認ください。

診察料2200円
配送料550円
ファボワール(低用量ピル)2563円
ラベルフィーユ(低用量ピル)2563円
トリキュラー(低用量ピル)2563円
シンフェーズ(低用量ピル)2563円
アンジュ(低用量ピル)2563円
マーベロン(低用量ピル)2563円
ルナベル配合錠LD(低用量ピル)8140円
フリウェル配合錠LD(低用量ピル)3663円
ドロエチ配合錠(超低用量ピル)4510円
ヤーズ(超低用量ピル)9570円
ヤーズフレックス(超低用量ピル)9900円
フリウェルULD(超低用量ピル)4180円
ルナベルULD(超低用量ピル)7678円
プラノバール(中用量ピル)4378円
エラ(アフターピル)14080円
レボノルゲストレル(アフターピル)10978円

エニピルでは通常時はピル代金の他に診察料と配送料が別途加算されるのですが、もっとお得に購入する方法があります。

低用量ピルと超低用量ピルの購入には「12ヶ月一括発送プラン」を利用して、送料無料にすることです。

低用量ピルの一択なら「毎月発送プラン」を選ぶと初月分は0円でピルが処方されるので、継続的な避妊を望む方には1か月分無料となるため、お得ですね。

エニピルで中用量ピルをお得にしたい場合も、「毎月発送プラン」を利用して単品の料金より3,300円も安く抑えることが可能になります。

エニピルでは、ピル服用時の副作用を軽減する、吐き気止めや浮腫み止めの「追加薬剤セット」もありますので、ご希望の方は合わせて購入することが可能です。

アフターピルをエニピルで購入するなら、単品よりも2個セットでの購入が、エラもレボノルゲストレルも2,000円前後安くなっていました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次